好いと~よ福岡! > 激うま地元グルメ > 元祖長浜屋

元祖長浜屋

福岡は絶品ラーメンのお店がたくさん

福岡に行ったらぜひ食べたいというラーメンの有名店がたくさんあります。
ラーメンが好きという人はラーメン食べ歩きのために福岡に旅行に行くという人もいるほどです。

福岡のラーメンはとんこつラーメンであるために、どうしてもこってりとした印象が持たれがちです。
しかし意外とあっさりとしたものが多いですし、ラーメンも細麺ですからリーズナブルでさらっと食べられるものが多くあります。
そのため、意外とあっさりと食べることができ、一日に複数のお店を食べ歩けるほどです。

そのような福岡の名店の中でも外せないお店の一つが元祖長浜屋です。
ラーメンが美味しいのはもちろんですが、頼み方も特徴的で楽しめます。

長浜ラーメンの特徴

元祖長浜屋のラーメンは長浜ラーメンと言われるタイプのものです。
福岡市中央区にある長浜の店舗や屋台で提供されているものが長浜ラーメンと呼ばれています。
この長浜エリアにラーメンが生まれたのは1955年に福岡市中央卸売市場が長浜に移転したことと関係しています。

長浜エリアのラーメン店というのは市場関係者が多く訪れていたということで、長浜地域のラーメンは競りの合間に食べるため、素早く作ることができて食べるのも早く済ませられるものが望ましいとされていたのです。
そこで、今のような極細麺であり、なおかつ麺だけの追加注文ができる替え玉のシステム、とんこつラーメンでありながらあっさりしているスープといった特徴が生まれたと言われています。

元祖長浜屋

元祖長浜屋というのは地元の人からもとても愛されているラーメン店です。
そのために地元の人たちの会話でもよく元祖長浜屋の会話が出てきます。
ただ、その会話を聞くと聞いたことがないような単語が多く並んでおり、お店を訪れるにあたって不安に感じる人も少なくありません。

元祖長浜屋は地元では「ガンナガ」という愛称で親しまれている50年以上の歴史のあるお店です。
長年愛されているお店であるため、ちょっとした癖があります。

まず、お店のメニューはラーメンしかなくその価格は500円です。
食券を購入して食べるのですが、食券にはラーメン以外に「替え玉」と「替え肉」というものがあります。
オーダーする際には食券を出すと同時に自分の好みの麺の硬さ、油の量、ネギの量を伝えてアレンジも可能です。

この好みを伝えるのが難しいのですが、わからなければそのまま一つずつの好みを伝えても問題ありません。
最も人気なのがベタナマネギオオメというものであり、ベタが油の量が多めという意味であり、ナマは麺が食べられる状態で最も硬いもの、ネギオオメはそのままでネギが多めということを意味しています。
わからなければそのまま普通でも美味しいですから特に希望なしと伝えましょう。

食べている途中で替え玉や替え肉といった麺や肉を追加する場合、スープはあまり飲まないように気をつけましょう。
もしも少し味が薄まったと思えば用意されているタレをかけて調整するのもおすすめです。