好いと~よ福岡! > 激うま地元グルメ > おいしい氷屋

おいしい氷屋

かき氷ブーム

かき氷といえば昔から夏の風物詩です。
しかし、食べた時に頭がキーンとくることや知覚過敏といったことから敬遠されることも少なくありません。

しかし、最近では頭にキーンとこない天然氷を使ったかき氷や豪華なトッピングがされたふわふわなかき氷などが人気を集めており、かき氷ブームが進んでいます。
このようなかき氷ブームの中で人気のお店が福岡にあります。

おいしい氷屋

かき氷が美味しいお店として福岡で人気なのがその名も「おいしい氷屋」です。
氷の製造販売をしている九州製氷という会社がオープンさせたかき氷専門店ということで美味しい氷が食べられます。

最近流行しているふわふわのかき氷は食べても頭が痛くならず、今までのかき氷の常識を壊すような絶品です。
おいしい氷屋のかき氷には博多純氷という氷が使われており、この氷は長い時間をかけてゆっくりと凍らせた博多ブランドの氷です。
重さ120キログラム以上の原氷をカットして厳正な温度や衛生管理をしてかき氷に最適な食感になるように作るといったこだわりの製法が取られています。

お店は唐人町にあるため、少し福岡の中心地とは離れた場所にあります。
しかし一度食べたら忘れられない病みつきの味ということで、連日多くの人が訪れており休みの日には外に行列ができているほどの人気店です。

自分好みの氷を探してみよう

おいしい氷屋では様々な味付けがされている氷が販売されています。
昔ながらのいちごや抹茶といった味があるのはもちろんですが、きな粉やマンゴー、コーヒーといった味も楽しめます。

これらのメニューのラインナップを見ると、どれも最近のかき氷屋でよく目にするものであり、あまり新鮮味を感じないかもしれません。
しかし、実際に食べると今まで食べたものとは違う細工がされており感動すること間違いなしです。

例えば、王道の苺みるくは、阿蘇の牛乳を使った自家製ミルクを手作りソースで上下に挟んだ定番の味なのですが、それだけではありません。
かき氷の中にマスカルポーネが入っており、途中からクリーミーな味わいに変わるのです。
途中で味が変わることで食べやすいですし、一つで違った味わいを楽しめるのも魅力です。

他にも王道の抹茶は八女の抹茶が使われており、甘みと苦みのバランスがちょうど良いということで一番人気のメニューとなっています。
しかし、美味しいのは抹茶の品質が高いということだけでなく、途中で中から小豆、白玉、バナナが出てくることで味を変えて楽しめるという点です。
特にバナナは珍しいもので、抹茶とバナナの組み合わせは味が良いだけでなく美容効果も高いという嬉しい効果もあります。

他にもきな粉味のかき氷にはナッツやハチミツが入っていたり、マンゴーかき氷には糖度の高いマンゴーだけでなくバニラアイスが入っていたりとどれも他のお店とは違った特徴を持っています。
このようにどのかき氷も特徴があり楽しめるものになっているのです。