好いと~よ福岡! > 激うま地元グルメ > 割烹 よし田

割烹 よし田

福岡で楽しめる懐石料理の老舗、割烹 よし田

福岡といえば美味しい食べ物がいたるところで食べられます。
ご当地の名産も大量にあり、とんこつラーメン、もつ鍋、うどん、水炊き、一口餃子とたくさん名産がありしかもリーズナブルということで、食べるものには困りません。

しかし、このような人気のご当地グルメ以外にも、王道の食事を楽しむことができる割烹料理のお店もあるのです。
そのようなお店として有名なのが割烹 よし田です。

割烹 よし田は福岡市天神にある割烹料理の老舗であり、50年の歴史を誇ります。
割烹料理と聞くと商談や会席といった場面で使うものであり、かなり敷居が高いものというイメージが持たれやすいです。
しかし、天神のオフィス街ということもありランチタイムは多くのサラリーマンで賑わっていますし、リーズナブルな価格帯であることから気軽に立ち寄れるお店となっています。

割烹 よし田でぜひ食べたい鯛茶漬け

福岡の隠れた名物に鯛茶漬けがあります。
福岡といえば海の幸も山の幸も豊富な場所であり、鯛もとても新鮮でぷりぷりのものが手に入るため、鯛茶漬けの上には新鮮な鯛がたっぷりと乗っている豪華な一品です。

割烹料理店でありながら、割烹 よし田ではこの鯛茶漬けが1080円で食べられるというとても魅力的なお店です。
鯛茶漬けを食べたことのない人はどのように食べるものなのかわからず不安に思うかもしれません。
しかし、配膳された際に鯛茶漬けの食べ方をレクチャーしてもらえますし、メニューの裏にも食べ方が書かれているので初心者でも美味しくいただくことができます。

基本的に鯛茶漬けはお茶漬けとして楽しむだけでなく、最初には鯛のお刺身を定食のようにご飯と楽しみます。
その後、二膳目に残りの鯛に特製のタレをかけてお茶漬けとして楽しむので一つで二度の味が楽しめるのです。

お茶漬けといえば、お腹が満たされない場面やシメのご飯で選ばれるため、お腹が満たされないのではないかと思われがちです。
しかし、一度食べればわかるのですが、鯛茶漬けのみで十分満腹になることができます。

他にも美味しいメニューが豊富

割烹 よし田で最も有名なのが鯛茶漬けですが、それ以外にも天ぷらや明太子、ふぐ料理、会席御膳など色々なメニューが楽しめます。
割烹とありながらランチタイムに気軽に好みのメニューを楽しんだり、夜は居酒屋のように一品料理を頼んで楽しんだりする人もいますから、あまり懐石料理の敷居の高さを感じる必要はありません。

どの時間も人気なのがお店に置かれている鯛のふりかけです。
これがとても美味しいということで、鯛茶漬けを食べた後に白米にふりかけを食べるという人もいるほど人気です。
どれも美味しいので皆でシェアして食べることを意識しつつできるだけお腹を空かせて訪れましょう。