好いと~よ福岡! > 激うま地元グルメ > 蜂楽饅頭

蜂楽饅頭

九州ではメジャーな食べ物、蜂楽饅頭

蜂楽饅頭(ほうらくまんじゅう)というのは九州ではメジャーな食べ物です。
名前は知らなくてもその実物を見たら知っている、食べたことがあると思う人も多いものです。

この蜂楽饅頭は、一般的に回転焼や今川焼きと言われるおまんじゅうのことをさします。
ただ、一般的な今川焼きとは少し違い、あんに蜂蜜がたっぷりと練りこまれているのが特徴的です。
黒あんも白あんも販売されており、黒あんは北海道小豆、白あんには北海道産の手亡豆が使われています。

九州ではメジャーと言われる蜂楽饅頭ですが、九州全域で食べられているわけではありません。
実際には、福岡、熊本、宮崎、鹿児島でしか食べることができないと言われています。
発祥は熊本の水俣と言われており、そこからこの4県に伝わったと言われているのです。

一度食べたら忘れられない美味しさ

今川焼は多くの人に愛されるお菓子です。
しかし、病みつきになるというほど好かれているわけではありませんが蜂楽饅頭を食べたら普通の今川焼きが食べられなくなると言われるほど美味しくて有名です。

このように美味しいと言われる理由はあんに蜂蜜が練りこまれていることが考えられます。
ただ蜂蜜が練りこまれているから甘くて美味しいというだけではありません。

あんを作るにあたって多くの場合には短時間で出来上がるように増粘剤を入れたり長持ちするように保存料を入れたりすることが一般的です。
しかし、蜂楽饅頭は作るにあたって豆があんの状態になるまでに長い時間をかけじっくりと炊き上げて砂糖や蜂蜜を入れて仕上げるという手間がかかっているのです。
このような手間暇がかけられていることで、あんこは味わいが深く美味しくて多くの人を魅了しています。

人気店は観光地化しつつある

蜂楽饅頭を食べられるお店は沢山あります。
露店で販売されていることもありますし、たこ焼きなどと一緒に販売しているお店もありますから、気軽に立ち寄って食べ歩きをして楽しんでいる人も多いです。

しかし、蜂楽饅頭として営業をしているお店は近年では観光地化していると言っても過言ではないくらい多くの人が訪れています。
お店では蜂楽饅頭だけでなく、様々なスイーツが楽しめます。
特に夏場はかき氷が限定発売されており、こちらを買い求める人が多いです。

夏限定のかき氷に使われている自家製シロップにも蜂蜜が多く使われており、とても美味しいシロップとなっています。
かき氷もリーズナブルで軽い口当たりなので、かき氷と合わせて蜂楽饅頭を楽しむこともできます。

一般的な今川焼きは黒あんが人気ですが蜂楽饅頭は意外と白あんが人気です。
白あんは苦手という人は少なくないですが、蜂楽饅頭の白あんを食べると食べやすくて食べられるという人がとても多いです。
そこで、観光で蜂楽饅頭を食べる機会があったら是非白あんに挑戦してみましょう。